気になるお得情報 まとめ

気になる・美味しい・お得な・様々なお得情報をお届けします

日本ロレックススーパーコピーN級品時計-http://www.itocopy.com/category-3.html

      2015/07/31

日ロレOH済☆保証残2年★ロレックス デイデイト 1803★極上美品
日ロレOH済☆保証残2年★ロレックス デイデイト 1803★極上美品

1950年代、世界全体の一人当たりのGDPも上がり、アメリカ北米では79%の増加率を誇った。それに伴いスイスでは、158%という歴史上まれにみる増加率となり、スイス時計ブランドが北米市場に向けての販売網の確率と活性化、そしてアポロ計画によるスイス時計市場の底上げにもなったこともあり、時計史上まれにみる黄金時代を向かえていく…..
まさに、そんな時代の象徴として誕生したデイデイトは1954年に誕生した。55年の年だけと言われ、その存在を未だ確かなものとして明らかにされていないファースト”6500,6511”は世界初となる両方向巻き上げを可能とし緩急針を必要せず天輪に装備されたミーンタイムスクリューネジを回すことで精度を調整する初のフリースプラングとして誕生したCal.1030をベースに開発された1055,56を搭載、当初スティールモデルも登場し、そのDNAは6611へと1958年に引き継がれた。6611もスティールモデルも当初、存在し、その後、金無垢モデルのみとなった”Ref.1803”へとそのDNAは1959年に引き継がれた。それは1560キャリをベースとした1555そして19800振動となった1556キャリを搭載することで現代に繋がるデイデイトの基礎を繋ぐこととなる。
そんなRef.1803からの一品を今回はご紹介したい。
見てもわかるとおりダイアルのアワーズとして添えられた楔型を長くしたインデックスの形状は60年代のデザイン、遅くとも70年代の初期のものである。今回は見積もりが安かったこともあり、日本ロレックスにOHを依頼、クリスタル,竜頭、チューブを交換、時間、分針、そして秒針とも交換されたが、もともとのダイアルのT無しの表示にルミノバ夜光の針となっている部分はアンバランスで、これも20,30年先には面白いストーリーとなるのであろう。当然、ケースは日本レックスで磨き済みであるが、もともとの立ち上がりも完璧なフォルムを見せ、ヤセもほとんど感じられない。ストレートエンドのラグ部分も12時位置のリファレンス、6時位置のシリアルも完璧に刻印が残り最高のコンディションとしてご紹介したい。
2015年7月2日より2015年月1日までの2年間の防水保証込み、ロレックス国際保証ギャランティーカード、修理明細書付属……..

>>詳しい情報はこちら

 - 未分類