気になるお得情報 まとめ

気になる・美味しい・お得な・様々なお得情報をお届けします

激希少14金無垢ピンクG/SS★ロレックス デイトジャスト★1601/4

   

激希少14金無垢ピンクG/SS★ロレックス デイトジャスト★1601/4
激希少14金無垢ピンクG/SS★ロレックス デイトジャスト★1601/4

1945年、REF.4467として世界で初めてカウンターでデイトが切り替わる時計が世にでた。
デイトジャストの誕生である…….
バブルバック630NAキャリをベースに唯一スワンネック仕様で精度のブレを無くしよりクオリティーを高め、サークル状の日付ディスクの内側にある歯を一日一歯づつ動かしてて小窓に現われる日付を変えていくキャリバー"A295キャリ"を開発したことにより、当然ケース形状も大きくしなければならず、それまで32mmであるビッグバブルバックケースよりも、何と4mmも大きくなる36mmケースとなったデイトジャストファーストモデル。しかし、翌年、セカンドモデル"Ref.6075"と発表した為、1946年にその存在は幻となっていく、その後ダイアルにもDATEJUSTの文字が刻まれるようになり、6105,6035とセミバブル時代のデイトジャストが歴史を刻み、その後、世界初両方向巻き上げ自動巻きキャリ”1030”にデイトジャスト機構を装備し、更に、それを進化させ緩急針を取り除き、チラねじテンワ側面のミーンタイムスクリューを用いる調整法で現在のデイトジャストの基礎を確率したと言えよう”1066キャリ”が誕生したことで5代目デイトジャスト”REF.6605”が世にでることとなる。本当の意味でのデイトジャストがここに誕生するこことなった。そしてそれは、1959年、Cal.1560、そしてその後”Cal.1570誕生により、デイトジャスト史上最高の名機がここで誕生した.......
Ref.1601
6代目デイトジャストとなる"1601"はロレックスの歴史の全モデルの中ででここまで世界に知れ渡り、又20年近くの間、愛され続け、今でも世界の人々に敬意表されたモデルは、後にも先にも"1601"と言えよう。一昨年、日本でもスマップの木村拓哉が、フジテレビドラマ「月の恋人」で腕に嵌めていたことで又、市場価格を上げビンテージロレックス最大の貢献機と言っても過言ではない。そんな生産数としてもロレックス史上ナンバーワンを誇る"1601"の中にもレア中のレアなモデルも存在する。当然、それは知られているモデルであることで、逆にとんでもない金額が付けられてしまうこともある。そのひとつに今回ご紹介する"14金無垢ローズゴールド"のコンビモデル"であろう。それは見た者の魂を吸い取るほどの妖魔な魅力を放ち、淡い格式高い品のある様相にキュートな趣き、そして愛しき人を見つめる眼差しでつい見つめてしまうほどの魅力を持ち、心からの賛美を口ずさむほどのオーラを放っている。言葉に詰まる思い........見ているだけで溜め息をついてしまう。当然この14金無垢ローズゴールドのプロセスは、ベゼル、ダイアルのインデックスから、ロレックスのエンブレム、時、分針すべて14金無垢ローズゴールド製、当然、ブレスも14金無垢ローズゴールドのジュビリーのコンビとなる。しかし現在、すべてこの14金無垢ローズゴールドパーツを兼ね備えた一品はまず出会ないと言っても過言ではない、どこかがシャンパンゴールドに変わってしまう個体がほとんどてあるのが現実である。当然、市場価格"15万円前後"の"1601"であったとしても、ローズゴールドコンビモデルとなると50万円以上に跳ね上がってしまう。しかしそれをうなづけるほどのオーラをこの逸品が持っていることは紛れもない事実である。最後に一言.......最高に素敵な一品に出会えてありがとう。
★★★★★★★ ROLEX ★★★★★★★

>>詳しい情報はこちら

 - 未分類