気になるお得情報 まとめ

気になる・美味しい・お得な・様々なお得情報をお届けします

真作保証 平野遼10号ブハラの家 日動画廊取扱作年鑑300万孤高の天才画家傑作!

   

真作保証 平野遼10号ブハラの家 日動画廊取扱作年鑑300万孤高の天才画家傑作!
真作保証 平野遼10号ブハラの家 日動画廊取扱作年鑑300万孤高の天才画家傑作!


保険業法の改正に伴い今後配送代は元払いとなります。詳細は一番下をご覧ください。簡単決済でお支払いの場合は私共への記帳への反映は数日後ございます。また、ヤフーのシステム上ご入金お礼のお知らせ通知がなく、数日後の発送連絡のみしかできません。これはシステム上でのことですのでご了承ください。入金確認の連絡、早急な発送等をご要望の方はお受けできません。大きな作品以外1週間以内に発送は通常完了しておりますのでご安心ください。心配性な方、神経質な方はご入札をご遠慮ください。
本作は、日動画廊取り扱い作品です。また、1980年日動画廊で開催された個展には本作と同じモチーフの「ブハラの家」が出品されました。
■落札後のお客さま都合のキャンセルは、お断りさせていただいております。
■私共が以前、出品致しました作品が「開運!なんでも鑑定団」に登場し、450万円という高額のハンマープライスを記録致しました(ヤフオクでの落札のなんと5倍以上)。同番組でもネットオークションについて触れられておりました。私共が出品致しました作品が同番組で取り上げられるのはこれで2回目です(前回は8倍の600万円のハンマープライス)。また、先日出品致しました作品が美術館に所蔵されました。今後とも素晴らしい作品を出品致しますのでご期待ください。
■先日、以前私共が出品致しました西村計雄画伯の作品が、ご遺族が運営されています美術館に所蔵されました。同作は、異国の地パリで画伯が初めての個展を開催した際に出品された作品で、美術館には下絵とポスターしか残っておらず、まさに幻の一枚でした(私共でもかなり初期の貴重な作品と推定しましたが、まさかこれほど歴史的な個展に出品された作品とは夢にも思いませんでした)。ご遺族も作品に対面し大変感激されておりました。お近くにお越しの際は、画伯のアトリエも大切に残されております美術館に是非お立ち寄りください。
■最近、購入意志のない落札、いやがらせを目的とした評価が多発しております。新規および過去に取り引きのない方は、入札を取り消させて頂く場合がございます。参加ご希望の方は、ご連絡下さい。
■オークション終了後、弊社からは取引ナビより連作させて頂いております。それ以外からメールを送信することはございませんのでご注意ください。
作家評価:美術年鑑前後比較 10号=300万円
厚く固着する絵具と薄く塗られた色調が混在する中に、動静に満ちた描線が走り、幻視的なモチーフを浮かばせた独特の絵画世界が構築されています。
人間と社会の闇を凝視し、幻想的な作風で新しい造形表現を追求した平野遼。1927年(昭和2年)大分県出身の画伯は、間もなく北九州八幡に移住、独学で絵画を学んだ後に上京し、'49年の新制作展で初出品初入選を果たしました。しかし体調を壊し、翌'50年には北九州に戻り小倉でアトリエを構え、最期まで同地で制作を続けました。'57年南画廊で初個展を開催、'58年に自由美術家協会の会員に推挙され、'62年安井賞候補展に出品、'64年には自由美術家協会を退会して主体美術協会の創立に参加し会員となりました。'75年に主体美術協会を退会してからは無所属で、主に個展を中心に作品を発表、'87年に北九州市立美術館などで回顧展「平野遼の世界展」が催された他、'89年日動画廊、'90年東京セントラル美術館、'91年下関美術館などで個展が開催されました。晩年は水墨画にも取り組み、たびたび画文集が出版され人気を博し、'87年西日本文化賞を受賞しました。作品は、福岡県立美術館、北九州市立美術館、大分県立芸術会館などに所蔵されています。

>>詳しい情報はこちら

 - 未分類