気になるお得情報 まとめ

気になる・美味しい・お得な・様々なお得情報をお届けします

鎌倉期備前長船の名工長光、本阿弥光遜鞘書、秋田佐竹家伝来

   

鎌倉期備前長船の名工長光、本阿弥光遜鞘書、秋田佐竹家伝来
鎌倉期備前長船の名工長光、本阿弥光遜鞘書、秋田佐竹家伝来


鎌倉期備前長船の名工長光、本阿弥光遜鞘書、秋田佐竹家伝来

本阿弥光遜鞘書、秋田佐竹家伝来備前長光の名刀をお預かりしました。長光(ながみつ)は、鎌倉時代後期の備前国長船派の刀工で、長船派の祖・光忠の子とされる。国宝の「大般若長光」をはじめ、華やかな乱れ刃を焼いた豪壮な作から直刃まで作行きが広く、古刀期においてはもっとも現存在銘作刀が多い刀工の一人である。
長光は所謂、長船嫡流の刀工で、光忠・ 長光・景光・兼光と備前の主役をなした刀工群であり、平成の御代の刀剣界でも絶大な人気を誇っています。

佐竹氏は、日本の武家。本姓は源氏。家系は清和源氏の一家系 河内源氏の流れを汲み、新羅三郎義光を祖とする常陸源氏の嫡流。武田氏に代表される甲斐源氏と同族である。源氏から中近世大名、華族として明確な系譜として現代まで残った中ではもっとも大きな流れの一つである。
鞘書きの本阿弥光遜(ほんあみこうそん、1879年 - 1955年)は、日本刀の鑑定者。経歴としては、 日本刀研究会を設立、及び日本美術刀剣保存協会の評議員を永く務めた。
著書に、(近代戦と日本刀 )、(日本刀講座)、(日本刀の掟と特徴)などがあり、特に日本刀講座や日本刀の掟と特徴は現在も尚、色褪せることなく刀剣の重要な参考書となっている。

>>詳しい情報はこちら

 - 未分類